出会い系サイトの決まりとして、会員登録の前に年齢確認することが義務付けられています。

年齢確認した上での会員登録

出会い系サイトの決まりとして、登録の際に年齢確認することが義務付けられています。
年齢確認が行われていなければ、メールの送受信はもちろんのこと、出会い系サイトのサービス全般が利用できない仕組みになっています。
この法令は2009年2月1日に施行され、出会い系サイトを運営する事業主による届出が必要とされています。
具体的には18歳以上でないとサービスそのものが一切利用できない決まりになっているのです。
そういった決まりを設けているのは出会い系サイトのみならず、結婚情報サービスなども同様です。

 

年齢確認する際には年齢確認できる本人確認書類が必要となります。
本人確認できる書類として、免許証や保険証、パスポート、住民票、年金手帳などが挙げられます。
もちろん名前や住所の部分は隠した形で撮影すればOKです。
利用者は、登録の際に本人確認できる情報をFAXや郵送、メール添付で提出することが義務付けられているのです。
他にはクレジットカード番号による認証を行うサイトもありますから、クレジットカードを所有しているなら、それが一番手っ取り早いですね。

 

そもそも18歳をとっくに超えている方々は年齢確認の作業が面倒に思われるでしょうが、安全に利用するための決まりなので、そのことを理解して協力するようにしましょう。
ただ、年齢確認しているサイトならどれも安心だと思ったら大間違いです。
悪質なサイトでも登録の際に年齢確認を必須としているところもあるので注意しましょう。
悪質なサイトでクレジットカード番号による認証を行うことは危険に身をさらしているようなものですよね。
年齢確認の書類を提出する前に、利用規約や料金メーニュー、サイトの評判などから総合的に判断し納得した上で会員登録に進みましょう。
実際には、悪質サイトでも利用規約に18歳以上でないと利用できないことが書かれていたりするので、慎重に見極める必要がありそうですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ